アルモデルの HOe 簡易型単端 (その1)

発売された頃に買って、塗装前の状態まで作った後、ずっと置いてあったアルモデルの HOe 簡易型単端 に塗装をしてみました。

アルモデルの HOe 簡易型単端

このブログにこれまで写真を載せていませんでした。
動力も何年も置いてあったものですが、さすがはメーカー製でちゃんと走ります。ヘッドライトのパーツをなくしてしまったようなので、代わりを探さなくちゃ。

アルモデル On30 箱型トロッコ (その1)

数年お休みしていた鉄道模型を始めようと、買ったままで手をつけていなかったキットの中からアルモデル On30 箱型トロッコ を作り始めました。

2両セットになったキットですが、まず1両目の箱の部分を作りました。

On30 箱型トロッコ

2両ともできたら、つぎは自動機客車を作るつもりです。

『The Narrow Gauge Annual 2013』 を買いました

TMS(鉄道模型趣味)誌の今月号(2013年10月号)の「メディアチェック」のコーナーを読んでいたら、『The Narrow Gauge Annual』誌が紙版の定期購読を打ち切り、デジタル版に移行したという話が載っていました。

この年に1回発行される雑誌も2007年までは買っていたのですが、送料が高いこともあってそのあとは買わなくなっていました。送料のかからないデジタル版で販売されるということで、早速2013年版を買ってみました。

上記サイトから「Order Books」を選び、下の雑誌の「Add to Cart」を押し、最後に一番上の「Check Out」を押すと注文できます。チェックアウトすると PayPal のサイトに誘導されるので、ここで支払いします。

そうすると、メールでダウンロード先のリンクが送られてきます。リンク送付後3日間はダウンロードが有効になるようです。

サイズが115MBくらいのPDFファイルが手に入りました。マックを使っているので、標準アプリのプレビューで開けます。全画面表示にすると2ページ見開きになるので、紙の雑誌と同じデザインで見られますし、見開きページもちゃんとつながっています。見開きでも、中央部分の綴じ込みが無く平坦になるので、紙版よりも見やすいです。

あと、私が使っているのは27インチの iMac なのですが、これだと紙版よりもサイズが大きくなります。老眼になった目にはかえって優しいです。10インチの iPad だと少し小さめになりますが、必要な部分は拡大して読めば良いでしょうか。

「電子版」と聞くと見にくいというイメージの方も多いと思いますが、見ているディスプレイが小さいのげ原因ではないでしょうか。24インチクラスのディスプレイにすると、世界が変わると思います。

TMS誌では紙版が無くなったことを嘆いておられますが、私は高価な輸送費を払うこと無く、紙のように劣化もしないデジタル版を歓迎したいと思います。『The Narrow Gauge Annual』誌はかなり高品質の紙を使っていますが、それでも経年変化による劣化や紙の黄ばみは避けられません。デジタル版なら退色もおきませんし、場所もとらないので便利です。古い雑誌を探すのも簡単です。

バックナンバーもそろっているようなので、紙で買った分も含めて買いなおそうと思っています。

TMSや古いModel Railroader 誌は裁断してスキャンする、いわゆる自炊をしているのですが、正直面倒ですし、仕上がりはデジタル版よりも劣ります。MR誌も Zinio で電子版が出るようになったので、紙版の購読はやめてしまいました。

TMS誌もPDF販売、または Zinio を使ったデジタル版の販売となることを願っています。

余談ですが、日本の電通がやっている「マガストア」というサービスがありますが、使いにくく、ページめくりは遅く、画質も低いのでガッカリです。デジタル後進国日本の技術レベルの低さを思い知らされます。こんなところでリリースしないでくださいねw

モデル・レイルローダー誌のPDFアーカイブがDVD-ROMで販売されるそうです

久々の更新です。モデル・レイルローダー誌の1934年から2009年までの紙面をスキャンしてPDF化したファイルをDVDに収録して12月9日に発売するそうです。

Model Railroader magazine: 75-year collection on DVD-ROM

閲覧にはパソコン(ウインドウズPCまたはマック)が必要とあります。ディスクの空き容量は2GB(アプリのみかな?)、フルデーターインストールだと25GB必要だそうです。

タブレット型デバイスで閲覧は不可と書いてあるところを見ると、コピープロテクションがかかっているのでしょうか。そうだとすればちょっと残念。

値段は200ドルとあります。支払いはいつものようにクレジットカードです。早速オーダーしてみました。ちょっと先ですが、届くのが楽しみです。

英国型ナローサドルタンク(その1)

久しぶりに工作台のほこりを払いました。アルモデルの、英国型ナローサドルタンクを作っています。先々週にJAM2009 – 鉄道模型コンベンションに行った目的の一つは、このキットを買ってくることでした。

アルモデル・英国型ナローサドルタンクのキットから

タンク部分は、元のトミーの機関車パーシーのパーツをそのまま使うんですね。工作部分は一通り終わったので、次は塗装です。アルモデルの作例は全部黒に塗装してありますけれど、私のは英国型らしく赤にしてみようかと思っています。

今回から、写真はリコーの GRD II を使って撮っています。

雑誌のPDF化

Model Railroader をはじめとする鉄道模型雑誌もたまって、だんだん置き場所に困るようになってきました。そこで、スキャナーを使ってPDF化してみました。

FUJITSU ScanSnap(スキャンスナップ) S510 FI-S510

まず雑誌中央ページを開いて、ホッチキスの針を外します。次に、定期購読のはがきが挟み込みになっているので、これを取り除きます。そのあと、カッターナイフで中央部を切断し、A4 サイズにします。

ここから、1ページずつスキャンではちょっと手間がかかりすぎますが、富士通から出ている ScanSnap だと、切った雑誌を載せると自動的にカラーで両面スキャンしてPDFファイルにしてくれるので便利です。

設定はいろいろあるのですが、一番重要なのは圧縮率です。ノーマル、ファイン、スーパファインの3種類があるのですが、やはりノーマルは圧縮ノイズが目立ちます。ファインだと、なぜかモアレが出てしまいました。写真を残すことを考えるとスーパファインにした方がいいようです。MR誌2006年4月号をスキャンした結果だと、それぞれ41.6MB、78.5MB、147.5MBでした。

あと、カラー/白黒自動切り替えだと白黒ページの写真が2値になってしまうので、カラーのみの設定にした方がよさそうです。それから、傾き自動補正はオフにした方が、トラブルが起こるのを防げる気がしました。

MRScan.jpg

何冊かスキャンしてみた印象では、スキャンがどれくらい綺麗にできるかは、最初の切断がどれくらい綺麗にできるかにかかっているようです。

最初から、PDFデータで販売してくれても良いような気もしますけれどね…

この日曜日は軽便鉄道模型祭ですね。私は仕事があるので行けませんけれど、ブログで見せてもらうのを楽しみにしています。