鉄道模型コンベンション

第7回鉄道模型コンベンション(大阪大会)に行ってきました。

午前中に行ったので、まだゆったりと見て回ることができました。インターネットのライブカメラがあるのを、会場に行ってから知りました。

「3日間レイアウト」はプラスターで岩を作っている段階でしたが、やはり日本人の考えるレイアウトとはちょっと雰囲気の異なるデザインだと思いました。

アルモデルの新製品は、HOナローの自走客車です。屋根は折り曲げで、顔がソフトメタル製です。トミーの15m下回りを使っていて、とても良さそうなキットです。カプラーはケーディーが付いていました。近日発売だそうですが、作るのが楽しみです。写真も撮らせてもらったのですが、ちょっとピンぼけで、お見せできるほどうまく写っていませんでした(;_;)

しかし、会場の他ホールでサマー・ソニック(ロックのイベント)を開催しているのにはびっくり。外でライブスチームを開催されている方にはちょっと気の毒でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です