あけましておめでとうございます

昨年は、JAMや軽便祭など、興味深いイベントに参加できました。
また、ナロー関係のキットが増えてきて楽しい1年でした。

今年も、ぼちぼちと鉄道模型で楽しんでいこうと思っています。今年もよろしくお願いいたします。

アルモデルの森DLを作っているところです。

第1回軽便鉄道模型祭に行ってきました

全国のナローゲージ・モデラーが一堂に会したかもしれない、第1回軽便鉄道模型祭に行ってきました。

皆さんが作っておられる車両やレイアウトを見せていただいて、私もあんなモデルが作れるようになりたいと強く思いました。

また、ふだんネットで交流していただいている方とたくさんお会いできたのが、とても嬉しかったです。

すばらしい機会を作っていただいた主催や出展された皆さんに感謝したいと思います。

クリッターズ・クラブで成田単端がたくさん集まっている中に並べてもらったり、On30-fans で小泉さんのアリアケ・セントラル上を走らせてもらったりしました。

やはり、風景の中を車両が走るのはイイですね。というわけで、記念撮影です。

小泉さんのアリアケ・セントラル

みのるさんの[ブログ](http://syomonai.tea-nifty.com/cocolog/2005/10/post_aa8e.html)と[HPにレポート](http://minoru-k02.hp.infoseek.co.jp/models/miso/kei01.htm)が掲載されています。早いですね。

先端がナイフ型の半田ごて

アルモデルの凹電を作っているのですが、このキットに限らず、真鍮製の鉄道模型を作るときには、コーナーなど細かい部分のハンダ付けには苦労しています。

いつも読ませてもらっている「くるまや軽便鉄道」さんを見ていたら、リンクに「半田ごてのホームページ@こてさき」という楽天の店がありました。そういえば、半田ごての話は以前「新・木曽谷の掲示板」で見かけたこともあり、記憶に残っていました。

さっそくアクセスしてみたのですが、半田ごてもこて先も非常に種類が多く、どれを選んだらいいのかよくわかりません。そこで、「くるまや軽便鉄道」を見たこと、小型の鉄道模型を作っていることを書いてメールで問い合わせてみたところ、詳しい返事をいただきました。

メールで推薦してもらった、先端がナイフ型に尖ったこて先「JK3-4KE」と、これがつかえる半田ごて「コテペン2」、そして大容量のヒーター「[コテペン2用丸ハイヒーター/R-D](http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/015dcabc.3dc67dd9/?url=http://www.rakuten.co.jp/kotesaki/491566/495274/#445572)」を買ってみました。

大容量ヒーターは後回しにして、コテペン2にナイフ型こて先をつけてハンダ付けしてみたところ、箱もののコーナーや細かい部分に思ったようにハンダを乗せることができ、とても使いやすいです。電力は17Wと小さいですが、ナローや16番の小型車両を作っている分には熱容量も十分で、ヒーターを交換する必要はいまのところ感じていません。まるでハンダ付けの腕が上達したようです。鉄道模型でハンダ付け工作をするならば、おすすめの道具だと思います。

これで、モデルワーゲンのキットにも挑戦しようという気がしてきました…(^^)

– [半田ごて:コテペン2](http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/015dcabc.3dc67dd9/?url=http://www.rakuten.co.jp/kotesaki/491563/495256/#445549)
– [ナイフ型こて先:JK3-4KE](http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/015dcabc.3dc67dd9/?url=http://www.rakuten.co.jp/kotesaki/490705/491795/495084/#445287)
– [コテペン2用丸ハイヒーター/R-D](http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/015dcabc.3dc67dd9/?url=http://www.rakuten.co.jp/kotesaki/491566/495274/#445572)


コテペン2・・・R-C/JK1-4B付き
JK3-4KE・・・コテペン2実装タイプ
コテペン2用丸ハイヒーター/R-D

ホビダスのブログ

RM誌やRMM誌を出版している、ネコ・パブリシングが最近「[ホビダス][1]」というサイトを作ったんですね。先月号のRMM誌を読むまで知りませんでした。

実のところ、このサイトは情報が多すぎてよくわからないくらいなのですが、「RM」「RMM」「鉄道おもちゃ」の[3誌合同のページ][2]には、Nゲージの新製品の情報が掲載されています。なぜか、ブログではないので、いちいちページをチェックする必要があるのが難点ですけれど、雑誌より早くニュースが読めるのはいいですね。

面白いと思ったのは、ブログで書かれている「[消えた車両写真館][3]」と、RM誌編集長の「[編集長敬白][4]」です。

前者は、国鉄や私鉄のモノクロ写真が毎日一点ずつ掲載されています。ナロー車両の写真もあります。ブログはサイト内検索機能を持っているので、探すのにも便利そうです。

後者は、編集長が書くいわゆる日記的なブログなのですが、いろいろ面白い話が入っていて楽しめます。

ブログで提供されていると、RSSリーダーを使って更新チェックが自動化できるので、読むにも便利です。マックのSafariはRSS機能を統合しましたし、夏くらいにはIEもRSS機能を持つようになるそうです。

あまりNゲージは集めていないのですが、Nゲージの新製品情報もブログ化(あるいは、RSSの提供)をしてくれれば、もっと便利になるのですけれどね。

[1]: http://www.hobidas.com/
[2]: http://www.rail-magazine.jp/
[3]: http://www.hobidas.com/blog/rail/photo/
[4]: http://www.hobidas.com/blog/rail/natori/

静岡ホビーショー2005

今朝の新聞記事を見て、突然思い立って「静岡ボビーショー2005」に行ってきました。

P050515-1.jpg

とはいえ、鉄道模型は日本型Nゲージが主流です。ナローとアメリカ型ファンが行っても、そんなに見るものはありません。

アメリカ型では、たぶん唯一だったのがカトーから発売予定のHOのアムトラックF40とコーチ、キャブコーチです。さすがにカトー製で、細かくできていていい感じに仕上がっていました。F40が1万5千円くらい、コーチが6500円〜7500円くらいで、6月発売予定だそうです。キャブコーチの前照灯も点灯するそうです。DCC対応は聞きそびれました。

私が主に集めているモデルとは年代が違うのですが、これは買いたくなりました。

P050515-2.jpg
P050515-3.jpg

日本型ですが、有井のコーナーではHOモデルを走らせていました。線路はカトーを使っていたような??

鉄道模型ではありませんが、タミヤのコーナーもミニ四駆やダンガンの扱いが小さくなり、きちんと塗装して仕上げられた模型の展示にスペースが大きく取られていました。あらためて、少子化とメーカの「大人シフト」を感じさせられました。

セールあるかな?

このサイトには検索機能があります。右の欄に「Caboose Hobbies セール」と入れてみると、昨年度は10月23日〜11月3日と、3月25日〜4月4日に10%引きセールがあったことがわかります。同じくらいの日だとすると、そろそろ次のセールがありそうですね。

昨日と今日は、「モデルワーゲン祭り」が開かれているんですよね。なかなか参加できないのですが、ネットの記事で様子を読ませてもらうのを楽しみにしています。