バラックエンジン製作中

小泉さんの「Karat Creek」に載っているバラックエンジン風の車両を作ってみようと思っています。「トロッコ・モデリング」を見ながら、天賞堂のパワートラックを取り付けるフレームを、スチロール板から切り出して作りました。エンジン部分は、先日見つけたポーランド製プラモデルのトラックの部品を使うつもりです。上回りは客車風にして、インスペクション・カーにしようかな。

トロッコモデリング

中学の時にもナローゲージに興味を持っていて、その後も何度か店頭で見かけたりしたこともあったのですが、ナローゲージの製品(HOn2 1/2)はNゲージに比べると比較的高価で、またその小ささから工作が難しそうと感じて手を付けるチャンスがありませんでした。中学の時以来遠ざかっていた鉄道模型に戻るきっかけを与えてくれたのは、小泉宣夫さん著の『Oナローゲージ・トロッコモデリング』(機芸出版社)でした。Oスケールなので、車両は手のひらサイズでちょうどいい大きさに感じられ、なんだか取っ付きやすそうな気がしました。

中学時代と大きく変わったことの一つはインターネットの普及です。かっては情報媒体といえば雑誌しかなく、特に海外の雑誌を入手するのは困難かつ高価でした。ところが、いまではインターネットで容易に海外の情報まであつめられます。ナローゲージや、小泉さんの本に載っている模型会社の名前をキーワードに見ていくうちに、On30というキーワードにいきつきました。そのなかで、On30 Modelerというサイトを持っている Jim Fabre さんに On30 Conspiracy という Yahoo Group (日本でいうメーリングリストですね)を紹介してもらいました。On30 は、日本でよく知られている On2 1/2 と同じくOスケール16.5mmゲージなのですが、その背景にある考え方はちょっと異なっているようにも思います(なぜ「秘密結社」を名乗っているかもなんとなくわかってきました)。

On30 は、縮尺は1/48とモデルとしては大きめですが、ナローゲージは実物からしてかなり小さいので、自作する模型としては手ごろな大きさになりそうです。また、実物も多種多様なものがあったようで、フリーランスの模型を作ってもあんまり違和感がないところが気に入っています。車両作りに慣れてきたら、まずは小レイアウトを作ってみたいと思っています。

On30 列車完成

BVM の2軸カブースと、Chiversのボギーゴンドラが一応完成しました。Mr. カラーを使ったウエザリングは、台車のサビと油はまあまあできた気がしていますが、車体の砂表現は思ったようにならなかったです。やはり、もとが粉のパステルの方が良かった感じ。エアガンを使えばいいのかもしれませんね。今度は、パステルでもうちょっと工夫してみようと思います。

ところでこのカブース、作っているときから家族には「小屋」と呼ばれています。まあ、用途から言っても移動式の小屋のようなものなのでしょうけれど。屋根から出ているのは薪をくべるストーブの煙突です。時代設定としてはディーゼルに引かせるよりも蒸気機関車に引かせる方が似合いそうです。

キットとは言え、自分で作ったモノが形になって走るとちょっと嬉しい。

P9160217.jpg

カブースとゴンドラのウエザリング

パステルの粉を使って、カブースとゴンドラのウエザリングを試みました。茶色と白を使って砂に汚れた感じをうまく出せたのですが、固着と思って半つや消しのクリアーを吹いたらパステルの色があまり見えなくなってしまいました。ちょっとつき過ぎたかなと思ったカブース屋根の煙突周りはいい雰囲気になったのですが、側面が消えてしまって残念。

結局、カブースは水性Mr.カラーの土色を使って側面を塗り直しました。台車は、オイル色とサビ色を塗ってまあまあいい感じ。この調子でゴンドラも仕上げないと。

Merlin 完成

On30 の Merlin は、つや消し黒でオイル、デザートイエローで砂汚れを表現して完成としました。でも、子供には「なんだか埃だらけみたい」と評判が悪いです(^^)。意外と床高で、カプラーはKadee の#42がちょうどいい高さになりました。 カプラー取り付け部は自分で加工したのでちゃんとつくかが心配でしたが、うまくねじを使って取り付けることができました。 ハイトゲージでチェックしてもばっちりで、バックマンの貨車とうまく連結できます。

ウエイトを25g積んでいてそこそこの重さがあるためか、快調に走ります。でも、元がOn18(=軌道幅18インチ、模型ゲージ9mm)の機関車なので、バックマンのOn30貨車を引かせたのではちょっと貨車が大きく見え過ぎてアンバランス。そこで、Merlinと組み合わせるためのもう少し小振りの貨車に、Chivers Finelinesのゴンドラ(無蓋車)と BVM のカブースを作っています。Chiversのはスチレンなので、プラモデル感覚で作れます。BVMのはレジンなのですが、瞬間接着剤を使った組み立ても少し慣れてきました。考えてみれば当たり前ですけれど、組み合わせをピタッとあわせて、よく押さえながら接着剤を流せばうまくいきそうです。

Merlin 製作中(2)

機関車にナンバーを入れようと、インスタントレタリングを買いに画材屋さんにいってみました。ところが、レトラセット社はインスタントレタリングから撤退していて投げ売り状態。黒文字のはありましたが、白文字のは見つかりませんでした。売っていたのは漫画原稿用のスクリーントーンが主になっていました。まあ、コンピュータでレタリングできるようになりましたから、撤退するのはしょうがないんでしょうね。インスタントレタリングが必要なのは模型用途だけ?

完成品を購入した、バックマンの0-4-0ポーター(コロラド・サザンの鉄道名でナンバーは1番)に続いて、2番のナンバーを入れることにしました。写真で見ると、レタリングがくっきりし過ぎていて、まるでコンピュータ上で加工したみたいに見えちゃいますね。

P8290194.jpg P8290199.jpg

Merlin 製作中

On30のMerlinはエポキシに苦闘しながらも、だいたい形になりました。2液混合エポキシ接着剤は、硬化時間が 30分くらいあるので位置合わせは比較的楽です。しかし、接着剤自体の粘性が高いために薄塗りするのが難しく、はみ出た接着剤を削るとレジンまで一緒に削れてしまって結構大変でした。結局、あんまりすっきりとは仕上がらない感じ。キットに、煙突とヘッドライトを追加しました。ヘッドライトはエコーモデル製の電車用です。もともとは、ピン&リンク式のカプラーがつくようになっていて部品も用意されているのですが、これは使わずにKadeeカプラーをつけるための穴を開けてあります。

実物は小型の機関車(クリッター)でも、Oスケールの模型サイズとしてはころっと手ごろになります。エンジンルームと座席の下にウエイトを25g入れたので、走行は結構安定しそうです。牽引力はどうでしょうね? 色は、モデルワーゲン社Webサイトの『キット組み立て講座』で見て気に入った組み合わせで、本体を若草(京阪カラー)下回りを阪急マルーンの、関西私鉄カラー (^^)にしてみました。やはり、ただ色を塗っただけでは明るすぎてフラットな感じ。こちらも、番号を入れてからエナメルでウエザリングするつもり。

Merlin

ちょっと前に注文してあった、Black Dog Minning Co. の Merlin というフリーランスのディーゼル機関車が英国から届きました。ゲージはOn30です。買った店は英国の Pepper7 です。ここは、On30だけじゃなくてOn18(Oスケールで線路幅9mm)というゲージも扱っています。On30 と並走するレイアウトを作ったら面白そう。

Merlin は、やはりレジン製のキットなのですが、サイズが大きいことに加えて(とはいえ、小型の機関車ですが)、組み合わせ部分にほぞが作ってあるので位置合わせは大分楽そうです。部品もかっちりしていてなかなか良さそう。動力は、天賞堂のパワートラックを使います。これも、英国から逆輸入しました。

台車枠はダミーなので、パワートラックの車軸の車輪から外に飛び出している部分は糸ノコで切り落としました。久しぶりにDIYで見てみたら、糸ノコも全方向に切り込める進歩型が出ていて驚き。

NGTrains

Webのおかげで海外からモデルを輸入するのもずいぶん楽になりました。通販してくれる模型店を探していて、 NGTrains というのを見つけました 。英国型ナローの貨車キットが中心です。やっぱり、レジン製が多いようです。日本で鉄道模型の自作というと、グリーンマックス以外はブラス(真鍮)製が多いのですが、海外メーカはブラス以外にもプラスチックやレジン製が多く見受けられます。

NGTrainsは新しいサイトで、できたのは2002年7月ごろです。カウンターはまだ2900くらいだし、日々ページが増えていくのを見るとなんだかワクワクします。ここはページのデザインもいいし、カタログ/通販サイトとしても使いやすい方だと思います。

貨車キットを注文してみたら、日本からの注文は初めてということでした。