ジェフ・ベック / ワイアード-SACDマルチ・ハイブリッド・エディション

ジェフ・ベックの1976年のアルバム「Wired」のSACDです。

ジェフ・ベック / ワイアード-SACDマルチ・ハイブリッド・エディション-(紙ジャケット仕様)

リッピングできないSACDにはあまり関心がなかったのですが、このSACDはかつてLPレコードで出ていた4チャンネルのマスターを収録しているところがポイントです。レコードの頃には、SQとかQSとかってエンコーディングがありましたね。そのマスターテープをデジタル化したようです。

日本企画盤とありますし、ジェフ・ベック自身は関与していなさそうです。まあ、リマスタリングに興味があるようには見えない気がしますよね。2016リマスターとあるのが気になるところです。CDもSACDのデータからCDのマスターを作ったとあります。

mora の方にも、2016.11.2 の日付で 24bit/96KHz の「Wired」が載っていますが、これもSACDのマスターから作ったものなのかな。ハッキリ書いてないでよくわからないのですが、そうならば聴いてみたい気もします。

“ジェフ・ベック / ワイアード-SACDマルチ・ハイブリッド・エディション” への2件の返信

  1. ワイアードですが、アナログ時代でジャッケットのタイトル文字が大きいのは日本盤だけなのでしょうか?
    Emerson,lake&Palmerの7インチジャケットは英オリジナルジャケットをできるだけ再現したと書かれていましたが、
    ワイアードに関しては個人的にはアナログ時代の日本盤のようなクッキリ白文字が好きなので、欲しくなります。

  2. torioden さん、いらっしゃい。
    Amazon を見てみると、JEFF BECK WIRED の文字にも流れる効果をかけたものと、かけていないものの2種類が存在していますね。くっきりしているのは日本盤のジャケットなのですか。
    7インチ紙ジャケット仕様だそうですし、ジャケット狙いなら良いかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です