Apple AirPods 届きました

予約開始日の朝に出遅れて注文した Apple AirPods、来年の出荷なのか1月15日到着予定となっていたのですが、年内最後の出荷に間に合ったらしく昨日届きました。

AirPods with Charging Case

開封してみると、まず小さくて軽いのが印象的です。iPhone の隣でケースのふたを開けるとすぐに接続されて使えるようになります。Bluetooth ワイヤレスイヤホンは接続がいつもストレスの種でしたが、AirPods はそんなことはありません。

電源スイッチがなく、使い始める時に余分な操作が必要ないのもいいですね。ケースから取り出して、耳にセットするだけですぐ使えるようになります。片方だけつけても認識されて音が出るので、ゲームの音を聞く時にも向いています。通話のためのヘッドセットとしても便利に使えます。

一度iPhoneで接続すれば AppleID と紐付けされるようで、iPad や Mac での使用もまったく問題ありません。Air Play のメニューから AirPods を選ぶだけですぐに切り替わります。これだけで、他社のイヤホンを使う気がなくなりますね。Apple の W1 チップを搭載している AirPods や Beats の最近のイヤホンと iPhone/Mac の組み合わせは強力です。iMac の前で常用するイヤホンも AirPods になりそうです。

EarPods と同様に、AirPods も耳にぴったりはまるので落ちる心配はまったく感じません。イヤホンが外れてトラブルになるのはケーブルを引っ掛けた時だけでしたから、ケーブルれすの AirPods はまったく心配なさそうです。耳に引っ掛けるハンガーはあまり好きでなかったのですが、AirPods はハンガーなしなのが嬉しい。メガネとも干渉しないです。

iPhone を机の上に置いて家の中を歩いてみましたが、Bluetooth のアンテナ感度は Beats の PowerBeats3 とあまり変わらないです。チップセットが同じなのだから当然かな。初代の PowerBeats は切断や瞬断に悩まされましたが、そんな心配はなさそうです。

肝心の音質ですけれど、EarPods よりはずっといい音でだと思います。低音域もちゃんと出ていますし、高音域もシャープです。ギターの歪み感も良く聞き取れます。PowerBeats のハウス向けの重低音の量感を重視したサウンドに比べると、フラットで色つけの少ない自然なサウンドだと思います。

普段使うイヤホンは、PowerBeats3 に変わって、この AirPods になりそうです。

Apple/Beats のワイヤレスイヤホン PowerBeats 3 Wireless

Beats の Bluetooth ワイヤレスイヤホンの新型、Powerbeats3 です。

【国内正規品】Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wireless Bluetooth対応 カナル型ワイヤレスイヤホン スポーツ向け ブラック ML8V2PA/A

アップルから完全ケーブルレスの Bluetooth イヤホン、AirPods が10月末に発売されるはずだったので、それを入手して iPhone 7 と組み合わせて使おうと思っていたのですが、発売が延期になり、今のところいつ出るのかは明らかになっていません。

そうこうするうちに、AirPods と同じ Apple の新型チップ W1 を積んだ Powerbeats 3 が発売され、来週くらいには店に出回るようです。

同じ Beats の Solo 3 Wireless も W1 チップを積んでいるのですが、一度 iPhone で接続してしまえば、iPad や Mac のミュージックのセレクタでヘッドホンを選択するだけですぐ聴くことができ、Bluetooth 接続を切り替える煩わしさが全くありません。この便利さは手放せない気がします。

今は、通勤では Powerbeats 2 を使っているのですが、新型の 3 の方が電池の持ちもいいそうですし、音質や掛け心地も改良されているかもしれないですね。

PowerBeats 2 だと充電のUSBコネクタにゴムの蓋がついているのですが、この蓋もなくなったようです。防水できるなら、この蓋はない方がいいですよね。

AirPods は完全ケーブルレスなのは魅力なのですが、今の EarPods と同じような音質だとすると、ちょっと満足できない気もします。

PowerBeats もこのシリーズになってから、トレードマークとも言えた赤いケーブルや赤いロゴがなくなって、ケーブルもロゴも黒になっちゃいましたね。Apple 流のデザインなのかもしれませんが、ちょっと残念な気もします。

Beats Solo3 Wireless 届きました

Apple の Beats Solo3 Wireless が届きました。

Beats Solo 3 Wireless オンイヤーヘッドフォン

Beats Solo3 Wireless は、Apple が開発したコントローラーチップ W1 を搭載しており、Bluetooth ワイヤレスで面倒で不安定な接続の面倒さを解消しています。電源ボタンを長押しして接続モードにしてみると、iPhone に接続パネルが現れました。どうやら、iPad には最初の接続設定のパネルは現れないようです。

一度接続設定を済ませてしまえば、接続情報は iCloud で共有されるので、同じアカウントを使っている iPhone や iPad や iMac の Bluetooth メニューに Beats Solo3 が現れるのでそのまま接続できます。これで、音源を iPhone にしたり iMac に切り替えたりするのが簡単便利になりました。

色はゴールドにしてみようかなと思っていたのですが、イヤーパッドが白だと汚れが目立ちそうな気もしたので、結局マットなつや消しの黒にしました。前に使っていた Studio は、グロスブラックで「b」のロゴが赤でしたから、一応新色です。特徴だった赤のBeatsマークがなくなったのはちょっと残念な気もしますけれど、Apple カラーで iPhone にあわせた、ということなのでしょうね。

さて、肝心のサウンドですが、Beatsカラーのサウンドなのは変わりません。低音域はかなり強調されていますが、硬めの音なので輪郭を失いません。ベースの弦の響きやドラムのキックも明瞭に聴こえます。また高音域もシャープで硬めの音です。音楽プロデューサーの、ジミー・イオヴァインがサウンド決定にかかわっているのかなと思いますけれど、楽器やボーカルの音が明瞭に聞こえて、音楽が楽しめるサウンドだと思います。ロックやジャズにはぴったりですね。

Apple iPhone 7 Plus と Apple Watch Series 2 が発表になりました

日本時間の今朝2時から発表会のイベントがあり、Apple iPhone 7 Plus と Apple Watch Series 2 が発表になりました。

 Pay

  • iPhone – Apple(日本)
  • Watch – Apple(日本)

いつもながら、デザインはあまり変えないままに、CPUやグラフィック・コントローラーが強力になり、タプティック・エンジンを搭載してホームボタンがタッチ式になり、カメラや液晶が強化されてより美しくなりました。

一見大差ないようで、手にしてみると大きな変化が実感できるのがApple製品の素晴らしいところです。

それ以外に、今度のモデルには大きな変化が二つありました。一つはイヤホンジャックが廃止されたことです。2台くらい前からイヤホンは Bluetooth を使っていたので、イヤホンジャックの廃止は歓迎です。しかし、Bluetooth は接続が不安定で、しばしば接続されなかったり、接続に時間がかかるのが難点と感じていました。複数メーカのイヤホンを使ってみたのですが、あまり症状は変わらないので、Bluetooth の規格そのものの欠点のように感じています。

しかし、Apple の W1 と称するチップセットを搭載した AirPods が発売されます。ケーブル無しで、左右のユニットが別になった先進的なモデルです。このタイプのイヤホンは持っていませんでしたし、Apple純正ならば接続のトラブルも無さそうです。入手して使ってみるのが楽しみです。

もう一つは、 Pay のおサイフケータイ(Felica) への対応です。抜かりなく SUICA に対応しているのはさすがです。SUICAを使うためにソニーの Xperia を iPhone と2台持ちしていたのですが、これで一つにまとめられそうです。ただ、今のところは新幹線の EX-IC の対応については何も言われていないのが懸念材料ですが、そのうち対応するのでしょうね。しかし、EX-ICはアンドロイドのバージョンアップになかなか対応しなかった前科があるだけに、ちょっと心配です。

あと、Apple Watch にも Felica を搭載して SUICA が使えるのですが、iPhone と Apple Watch で別のスイカカード扱いになるのは不便です。そもそも、銀行口座そのものであるクレジットカードを直接使うのでなく、デポジット(和製英語ではチャージと呼ぶようですが)の必要な電子マネーを採用するのは馬鹿げています。さらに、それを2枚も持たされてそれぞれの残額を管理することを強制されるとか、とても不便ですね。なんでJR東日本は、こんな使いにくいシステムにしたのでしょう。

電子マネーなのは譲歩するとしても、せめてデポジットは iPhone 内に持ち、接続している Apple Watch から払い出し可能な方式にしてほしかったですね。JR東日本は猛省し、使えるようになる10月までにこのように改めてもらいたいものです。

iPhone に話を戻すと、ボディカラーは今回はつや消しのブラックと、鏡面仕上げのジェットブラックの2種類を用意していて、アップルとしては黒推しのようです。

しかし、私はこれまでずっとスペースグレイの iPhone を使ってきていて、最近はゴールドに切り替えようと iPad をゴールドにしたところなので、iPhone 7 Plus もゴールドを選ぼうと思っています。容量は迷わず256GBです。

それから、Apple Watch はアルミのスポーツモデルが中心となり、ステンレスモデルは扱いが小さくなりましたね。あと、買う時にバンドの選択の幅がすごく小さくなったのが残念。これならば、本体とバンドは別々にも買えるようにしてくれればいいのに。

初代を使った感想だと、スポーツモデルのカバーがガラスなのに対して、ステンレスモデルはサファイアを使っており、液晶の色合いはステンレスモデルの方がかなり明るく鮮やかです。

Series 2 は、ステンレスモデルとレザーバンドを選ぼうと思っています。

iPhone SE が届きました

1週間前に予約してあった、Apple の iPhone SE が届きました。メモリは64GBで、色は迷ったものの結局ゴールドにしました。

iPhone SE

16GBは少なすぎるので64GBにするのは迷わないですね。今までは、ベゼルが黒なのでスペースグレイばかりを選んできましたが、今回は初めてゴールドにしてみました。グレイの iPhone 6s Plus と2台持ちになるので、変化をつけようと思ったのが選んだ理由です。

Apple Store で SIMフリーモデルを入手し、SIMには IIJmio を使っています。ファミリープランでSIMは3枚持っているのですが、そのうちの1枚を使います。

いつもながら、iCloud 経由で以降はとてもスムーズ。SNS系でパスワードを入れなおすのがちょっと面倒ですが、それさえ終われば今まで使っていた iPhone と同じ感覚でそのまま使えます。Apple Music なので移す音楽データも少なくなりました。

むしろ、最近はLINEや2段階認証を移すのを忘れないようにしないと。スマフォの使い方もだいぶ変わりました。

4.7インチの iPhone 6、5.5インチの iPhone 6s Plus を経て久しぶりに手にした4インチですが、片手にぴったり納まって使えるサイズです。

主にイングレスで使うことを目的に買ったのですが、GPSの反応もいいですし、タッチに対する反応もキビキビしています。グリフハックもやりやすい感じで満足しています。

そうそう、イングレスだと落とす可能性も上がりそうな気がするので、ラスタバナナ製のストラップのつけられるケースを付けています。素材はクラレ社の開発した新素材のクラリティのものが硬すぎず柔らかすぎずで、手触りもいので気に入っています。

ストラップは、バンナイズの「帆布のまんまるストラップ」を気に入ってつけています。これを指にひっかけていると、落下防止になる気がします。私はオリーブにしていますが、色も選べますね。

これまでイングレスは4.2インチの Xperia J1 でやってきましたけれど、これで交代になりそうです。J1 はモバイルスイカを使う時だけ持ち出すことになるかな。

SEは番号もつかなかったですしミドルレンジ狙いの機種でもありますし、なんとなく来年は更新されないような気がします。最近は性能も使い勝手も安定してきましたし、2年くらいは使い続けられるかな。

今年は、iPhone 6s Plus を iPhone 7 Plus に更新して、それから Xperia J1 を Xperia X に買い換えるだけかと思っていましたけれど、3月から2台も番狂わせがありました。これ以上はないハズなのですが…

iPhone Lightning Dock で音楽を聴く

ちょっと前に買った、Apple の iPhone Lightning Dock です。

【純正】 アップル Apple iPhone/iPod対応[Lightning] iPhone Lightning Dock スペースグレイ ML8H2AMA

上のは色がグレイですけれど、私が買ったのは白です。白の方が少し安いようですね。

文句を言っている人もいますが、扱いが荒いのでしょうか?特にトラブルもなく、ずっと使い続けています。コネクタ部分だけで支えるので見た目は不安な気がするのかもしれませんが、iPhone をしっかり保持できています。

iPhone 6 からイヤホンコネクタが下側に移ったので、ドックに差して充電しているとイヤホンが入らず、音楽が聴けないと思い込んでいました。。。 よく見たら、Lightning コネクタの横にオーディオジャックがあります。

試しに Bose のイヤホンをさしてみたら、バッチリ鳴ります。ボリュームの位置も iPhone 本体と同じ感じです。シャープで音像のはっきりしたサウンドです。

Bose のイヤホンについているリモコンもちゃんと使え、音量調整もできます。さすが、Apple 製品には手抜きはありません。

Lightning コネクタはデジタル信号だけ出ているそうですから、D/Aコンバーターとアンプを内蔵しているのですね。オペアンプかな?それでこの値段なのは結構安い気もしてきました。

もちろん純正だけあって、トラブルも皆無です。やはり、Lightning イヤホンが出るとしたら、Apple 純正を待つのが良さそうです。

第4世代の Apple TV が届きました

予約注文してあった、第4世代の Apple TV が届きました。

これまでもApple TV 第3世代を使っていたのですが、Nexus Player や Amazon Fire TV に比べるとちょっぴり古さが目立っていました。第4世代になって Apple TV にもアプリストアが設けられ、アプリやゲームをインストールできるようになりました。

操作してみると、第4世代になって、Apple TV が一挙に逆転した感じです。リモコンにタッチセンサーが付いてすワイプ操作したことと、操作に対する反応の良さが印象的です。

この10月にサービスが始まった、Netflix のアプリはどのデバイスでも動きます。基本は同じソースコードから作られているようで、どれも、出てくる画面や機能はほとんど同じです。しかし、操作感はかなり異なり、矢印キーと選択キーで選ぶ Nexus や Amazon と異なり、スワィプで大きくスクロールすることがたやすい Apple TV は操作がしやすく、斬新です。かなり先を行っている感じがします。

ゲームも、Nexus と Amazon は同じラインナップのもので、正直それほど面白いゲームはありません。Apple TV もゲームはこれからだとは思いますが、iPhone ゲームの「Mr. クラブ」が Apple TV で動くのは面白いです。すでに、リモコンのセンサーを生かした、まるで Wii スポーツのようなゲームも出ていますし、Apple TV が最も将来性が感じられます。どのプラットフォームでも動く「Crossy Road」も、スワィプ操作ができるおかげでかなり印象が違います。CPU に iPhone 6 や iPad miini 4 と同じ A8 を使っていることもありますし、強力なグラフィック能力を生かしたゲームやアプリが期待できそうです。

音楽も、Apple Music に対応したので、iCloudライブラリの曲が聴けるようになりました。iTunes Store で買った曲、CDで入手した曲、そして Apple Music で見つけた曲の全てを選んで聴けるのは素晴らしいです。そういえば、例の25000曲の上限はアナウンスもなく引き上げられた様子ですね。最近は、曲を登録してもエラーにならなくなりました。上限がなん曲なのかはっきりしないのはちょっと気持ち悪いですが、とりあえず便利になりました。自分の音楽ライブラリを、ステレオは Apple TV で、マックの前では iTunes で、そして外では iPhone で自由に選んで聴けます。これはすごい世界です。

あと、Apple TV のリモコンにはボリュームボタンがついたのはいいですね。前世代の Apple TV や、今の Nexus やアマゾンのリモコンにもボリュームはありません。音量調整はよく使うのに、その度にアンプのリモコンに持ち帰る必要がありましたが、それが必要なくなったのも大きいです。アンプはソニーの STR-DN1040 ですが、ちゃんと音量コントロールができます。これも大きな利点です。

Nexus Player は Netflix と Google ビデオ、Amazon Fire TV はアマゾンプライムビデオと Netflix、Apple TV はiTunes Store と Netflix を利用します。なんだか見事にバラバラになっちゃいましたが、プライムビデオのアプリを Apple TV に載せてほしいところです。そうすれば、Apple TV 1台に集約できるのに。

Apple の新型 Magic Keyboard と Magic Trackpad 2 を入手しました

Apple の新型 Magic Keyboard と Magic Trackpad 2 を入手しました。

入手はアップルストアからです。まだアマゾンでは扱っていないようです。

Bluetooth なのですが、充電用のライトニングーUSBケーブルで接続するだけで認識されるのはとても便利。Bluetooth の接続設定はトラブルが起きがちでしたものね。今回はスムーズです。

写真で見てもわかりますが、どちらも薄くなったのが印象的。前機種は単3充電池の大きさで厚みが決まっていて、その丸い部分がデザインの特徴でもありましたが、スパッとなくなって小さくなりました。トラックパッドは電池の部分の奥行き寸法がそのまま小さくなりました。

幅も少し大きくなったので、トラックパッドはずいぶん横長に見えるようになりました。最近のMacBookのトラックパッドに近い感じの縦横比です。あと、上面がガラスになったので、前モデルのシルバーから色が白に変わりました。キーボードのキートップの白とあわせて、明るく軽くなった印象です。

どちらも、操作感はかなりいいです。キーボードも打ちやすくなった気がしますし、トラックパッドの動きも非常にスムーズです。これまでも、タップとクリックがありましたが、機械的なクリックでなく感圧センサーになったので、クリックも軽くてスムーズ。さらに、もっと強く押す2段目のクリックが使えるところも MacBook と同じです。このクリックを生かしたアプリが増えて欲しいです。

マウスは、前のトラックパッドが出た時から全く使っていません。トラックパッドの方がスワイプなどの操作もスムーズですし、もうマウスは終わった気がしています。

あと、キーボードは最上段のファンクションキーも他のキーと大きくなったところが注目されていますが、最下段の英数キーやスペースキーの高さは少し小さくなりました。この方が、指を伸ばす必要がなくなるという配慮なのでしょうか。ちょっと面白いデザインです。矢印キーはさらに小さいスペースに押し込まれましたが、そのうちトラックパッドの操作で置き換えられるのかもしれませんね。

Apple Music はすばらしい

7月1日の深夜に、iOS が8.4 にアップデートされ、Apple Music が iPhone や iPad, iPod touch などの iOS デバイス、そして Mac や PC で使える iTunes で始まりました。

音楽配信サービスのキモは「レコメンデーション」だと思うのですが、Apple Music アプリを開いてオススメの「For You」を開いて最初に表示されたのがこれでした。他にも次々とプレイリスト候補やアルバムが表示されるのですが、好みにぴったりでセンスがすごくいいです。この点でだけでも、LINE Music などの他社のサービスよりはるかに優れています。やはり、iTunes と統合してこれまでの再生データを生かしているからなのでしょうね。

これまでも、iTunes Match を使って、CDをリッピングしたりAmazon MP3で買ったりした自分のライブラリをクラウドにアップロードして、iTunes Store で買った曲とともにストリームで聞いていました。Apple Music を使うと、オススメされたり、自分で検索して探したアルバムや曲を「+」をクリックすることでそのまま自分のライブラリに登録できます。登録してしまえば、どこから入手したのかはリスナーには全く見えません。

これはすばらしいです。これまで、気にはなるけれど買うほどではなかったアルバムやアーティストをいくらでも選んで自由に聴くことができます。一部 Apple Music に加わっていないアーティストやアルバムもあるものの、私が見た範囲ではセレクションも広く、十分楽しめます。これならば、月あたり980円の価値も十分すぎるくらいあります。

レコードやCDという媒体を売るのがかつての音楽産業でしたが、iTunes Store ができてダウンロードして対価を受け取るのが音楽産業になりました。さらに、Apple Music ができて、曲を聴いてもらった分だけ対価を受け取るシステムに変わりました。Apple Music は、音楽ファンにとっても、バンドにとってもすばらしいと思います。

逆に言えば、Apple Music に載っていない曲はもう聴かないですね。

iPhone Lightning Dock を買ってみました

Apple純正の iPhone 用 Lightning Dock を買ってみました。

iPhone Lightning Dock

なぜか、アマゾンでは扱っていないようです。Apple Store でオーダーしました。

この写真は iPhone 5s のようですね。私のは iPhone 6 Plus でドック本体よりも幅はあるのですが、さすがに純正なので iPhone を差し込んでも安定感があります。

写真のiPhoneはバンパーも付いていますし、薄めならケースがあっても大丈夫そうです。私は、ちょっと前に書いたように、ストラップをつけるためにクラレリア素材のケースを使っているのですが、ドックの使用にも問題はありませんでした。

Apple純正で、ケースとともに使えるドックが出たのはこれが初めてですね。コネクタだけで支える構造なのですが、特にグラグラする感じもなくしっかり立っています。

これまで、充電ケーブルを挿しておいてあったのですが、ケーブルを引っ掛けて落下することもありました。これならば、安心して充電できそうです。