King Crimson / Ladies of the Road

キング・クリムゾンのアイランド期のライブコンピレーション「King Crimson / Ladies of the Road」です。

King Crimson / Ladies of the Road

1972年にリリースされた「アースバウンド」と異なり、2002年になってからリリースされた編集版です。このころは、P. J. クルックの絵をジャケットに使っていましたね。

CD1は、アースバウンドのようなど肝を抜く演奏ではなく、当時の代表的な曲を端正な演奏で音質よく収録しています。CD1の演奏は、いかにもキング・クリムゾンのサウンドで期待を裏切らない出来です。アースバウンドを聴いた後では、物足りなく感じるくらいかもしれません。

一方、CD2は「スキゾイド・マン」の間奏部分のインプロヴァイズっぽい部分を、いろいろな日の演奏から継いでCDいっぱいに収録したものです。こちらは、「アースバウンド」を思わせるような荒々しい演奏が入っています。アースバウンドの雰囲気を、より洗練された形で抽出していると思います。

King Crimson / Earthbound

キング・クリムゾンのアイランド期のライブ「King Crimson / Earthbound」、30周年記念盤です。

King Crimson / Earthbound

最近は『キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984』を読みながらライブを日付順に聴いているのですが、1971年のアイランド期のあたりへ差し掛かりました。

この時代の公式ライブはあのアースバウンドですが、久しぶりに聴いてみようと思ったらCDが見当たりません。なぜかiTunesのリッピングにもないような。去年の4月から iTunes Store にキング・クリムゾンの主要なアルバムが収録されていますが、アースバウンドは載っていないですね。

それでアマゾンで検索したら、輸入盤と紙ジャケットK2HDの日本盤が見つかりました。

どうせだから紙ジャケットにしようかとも思ったのですが、2002年のリマスター音源とあります。それなら同じことかと思って輸入版の方にしました。

届いたCDを見ると30周年記念盤とあり、ジャケットの仕様も30周年記念シリーズの他のアルバムと同じ趣のデザインになっています。

あとから自分のブログをよく見たら、2005年に「アースバウンドの日本盤」を記事にしていました。あれっと思ってCD棚を探したら出てきました。こちらもデザインの細部は少し異なるものの30周年記念版でHDCD。買う前によく見るんだった。CDも5000枚もあるとどこにあるのかわからなくなってきました。

リッピングして聴いてみても、オープニングの「スキゾイドマン」だけでなく、「Sailor’s Tale」も収録時間が短いながらも印象的な演奏です。音質はそんなに良くないですけれど、編集には手がかかっていることを感じます。

THE DIG Special Edition『キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984』を読みながら King Crimson を聴く

THE DIG Special Edition『キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984』を読みながら、改めて King Crimson のライブを聴いています。

キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984

タイトルにもあるように、デビューの頃から1984年までの、公式のライブ盤、そしてキング・クリムゾン・コレクターズ・クラブ(KCCC)と、DGM Live! でリリースされている作品から、主要な演奏を日付順に解説しています。初期のライブは音が悪いものが多いのであまり聴いていなかったのですが、この解説本を読んで改めて聴いてみる気になりました。「Epitaph Vol. 2」に収録されているのは最初のメンバーのラストライブなのだそうですが、確かに音質も良くて素晴らしい演奏です。

次のアイランド・クリムゾンもライブが数多く出ていてどれを聴いたらいいのかわからないくらいですが、聴きどころが解説されているので楽しめそうです。

この本は買いですね。早速裁断スキャンして、NATとiBooksに入れました。iPadで読みながら、クラウドの iTunes Match へ入れたライブ音源を聴いてみようと思います。

King Crimson のボックスセット On (and off) The Road が届きました

キング・クリムゾンの80年代のアルバムとライブを収録したボックスセット『King Crimson / On (and off) The Road』が届きました。こちらは特に大きな遅れも痛みもなく、無事に英 Burning Shed から送られてきました。

King Crimson / On (and off) The Road

このボックスセットを入手するのは長年のファンだと思いますが、そうするとKing Crimson Collector’s Club や DGM Live で既に発表されたものも多いので、全く聴いたことのない音源は案外少ないかもしれません。スタジオのリハーサルなどの音源を再構成して作られた、Disc 9 の「Are you recording Gary」のみが新しいものかも。

むしろ、価値を見いだすのは2016年版のリマスタリングですね。「Discipline」のみは2011年にすでに発売されたリマスター版の音源をそのまま収録してるのでダブりましたが、「Beat」や「Three of a Perfect Pair」の音源は今回初めて発表されたリマスター・ハイレゾ音源です(同時にバラ売りはされましたが)。

今回のボックスの目玉だったのは、1984年のライブ「Absent Lovers」のリマスタリング、それから同じ1984年の日本公演「Three of a Perfect Pair Live in Japan」のリマスター音源かもしれません。「Absent Lovers」も発表された時にはそのシャープな演奏に驚いたものでしたが、ライブ・イン・ジャパンの方もそれに負けないくらいシャープな演奏です。もともとVHSビデオやレーザディスクで発売されていた音源だということもあり、今回のリマスタリングで見直すくらい音が良くなったと思います。

そうそう、日本公演といえば1981年の東京公演もブート音源をCD収録しています。日本公演のライブが二つも入りました。

あと、この時代はビデオも結構残っていますが、それらを網羅して収録しているのは嬉しいですね。もうブートやバラ売りのディスクを集める必要も無くなりました。

ハイレゾの点から見ても、スタジオ盤や公式ライブは 24bit/96KHz で収録されていますし、その他のライブも 24bit/48KHz で収録されていて満足できると思います。あとは、プロテクトをやめてFLAC音源を収録してくれるともっと良いのですけれどね。

King Crimson / The Elements Of King Crimson – 2016 Tour Box

キング・クリムゾンの『King Crimson / The Elements Of King Crimson – 2016 Tour Box』, 11月4日発売です。

King Crimson / The Elements Of King Crimson - 2016 Tour Box (double cd preorder)

ツアーごとにリリースされている「Tour Box」ですが、2016年バージョンです。DGM Live News の記事にも解説や写真が載っています。

曲目リストも出ていますが、2014年や2015年ツアーの音源が増えています。

Burning Shed で予約して、1632円+送料588円、合計2220円でした。アマゾンよりは安価かな。

King Crimson / On (and off) The Road 1981 – 1984

キング・クリムゾンの1981年から1984年の時期の音源を集めたボックスセット「King Crimson / On (and off) The Road 1981 – 1984」、10月21日発売です。

King Crimson / On (and off) The Road 1981 - 1984

CD11枚DVD3枚BD3枚のセットです。先に発表になった『Beat』『Three of a Perfect Pair』のスティーブン・ウィルソンの手になるリミックスを含む40周年記念版の内容に加えて、2011年版の『Discipline』、さらに1981年の日本公演、1982年のドイツ公演、そして1984年のカナダ公演(『Absent Lovers』のリマスター版)を収録しています。

さらに、放棄されたサードアルバムのセッション音源や、アウトテイク音源をCD2枚分収録しているそうです。

DVDとBDにはライブ映像やハイレゾ音源が収録されているそうです。どんなハイレゾが入っているのか楽しみです。『Absent Lovers』もハイレゾで入っているといいな。

まだアマゾンには価格も出ていないですが、円高でもありますし Burning Shed でオーダーしました。12155円+送料2717円、合計14872円です。

King Crimson / Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind

キング・クリムゾンの2015年のツアーのライブ「King Crimson / Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind」、DGM Live と Burning Shed に案内が載りました。

King Crimson / Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind

日本盤の案内ではBD+2CDでしたが、BD+3CDになったようです。BDは日本公演の映像を収録して1、ハイレゾのステレオとサラウンドを収録しているそうです。スペックは、24bit/48KHz とあります。

CDは「バーチャル・スタジオ・アルバム」と表現してありますが、観客の存在を感じさせない録音となっているようです。「Starless and Bible Black」と同様の仕上げでしょうか。もっとも、スタジオオーバーダビングはなさそうです。

2015年ツアーは公演ごとに演奏される曲に違いがありましたが、この3CDは2015ツアーで演奏された曲を網羅してるそうです。

DGM Live のニュース「Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind Pre-Order :: Posted by Sid Smith on Thu., Jul 14, 2016」には曲目リストも載っています。

Radical Action 〜 Meltdown 〜 Radical Action II 〜 Level Five や、The Light of Day 〜 The Talking Drum 〜 Larks’ Tongues in Aspic Part Two の曲順で収録されているのも嬉しいですね。

日本盤を予約したので海外盤の方には手を出しませんが、届くのが楽しみです。

DGM Live News からトラックリストをコピー。

Threshold Soundscape
Larks’ Tongues in Aspic Part One
Pictures of a City 
Peace
Radical Action (to Unseat The Hold of Monkey Mind)
Meltdown 
Radical Action II
Level Five
Epitaph
The Hell Hounds of Krim
The ConstruKction of Light
Scarcity of Miracles
Red 
VROOOM
Banshee Legs Bell Hassle
Easy Money
Interlude
The Letters
Sailor’s Tale
The Light of Day
The Talking Drum
Larks’ Tongues in Aspic Part Two
Starless
Devil Dogs of Tessellation Row
In the Court of the Crimson King
21st Century Schizoid Man
Suitable Grounds for the Blues
One More Red Nightmare

キング・クリムゾン / ラディカル・アクション~ライヴ・イン・ジャパン+モア(Blu-ray)

King Crimson の昨年の日本公演のライブを収録したBlu-ray + CD「キング・クリムゾン / ラディカル・アクション~ライヴ・イン・ジャパン+モア(Blu-ray)」、8月31日発売です。

発売は、WOWOWエンタティメントからです。Blu-rayは高松公演の映像を中心とし、CDは世界中の公演から選んだテイクを収録しているとか。まだジャケットデザインは未定だそうですが、例のサイクロプロスの画像を使っているとか。DGM Live の方には情報が載っていないので、5500円とちょっと高めですが、日本盤を注文することにしました。

アマゾンではなくて、タワーレコードでオーダーしたのですが、抽選には当たるかな…

King Crimson / Beat / Three of a Perfect Pair の 40周年記念盤

キング・クリムゾンの1982年発表のアルバム「Beat」と1984年発表の「Three of a Perfect Pair」の40周年記念盤、トラックリストが DGM Live News に載りました。

どちらも CD+DVD-Audio の2枚組で、スティーブン・ウィルソンの手になる New Stereo Mix だけでなく、5.1 サラウンドミックス、さらに Original 30周年記念盤ミックスや、オルタネートミックスを収録しています。ハイレゾで収録していそうです。

Inner Knot と Burning Shed で予約も始まったそうですが、この2セットの音源は秋にリリースされるボックスセットの「On And Off The Road」に全て収録されるようですし、そちらのオーダー開始を待とうと思います。

King Crimson / Beat と Three Of A Perfect Pair の40周年記念版

キング・クリムゾンの1980年代のアルバム「Beat」と「Three Of A Perfect Pair」の40周年記念版が10月に発売されるそうです。

ロバート・フリップとスティーブン・ウィルソンの手になる5.1サラウンドとハイレゾ音源を含む、CD+DVD-Audio の2枚組セットです。

また、10月にリリースされるボックスセットの「On and Off The Road 1981-1984」にもこの両音源が含まれるそうです。それなら、ボックスセットを選びますね。

Inner Knot と Burning Shed で予約が間もなく始まるそうです。